☆虹色の宝箱☆~タカラヅカについての備忘録~

宝塚歌劇団(まだまだヅカ道初心者です)の作品をテレビやオンデマンド等で見た感想や、思いを備忘録として残すためのブログです。

今日は星組宝塚大劇場千秋楽ですね。

こんにちは!

今日は宝塚大劇場星組千秋楽ですね。

紅ゆずるさん、綺咲愛里さんの大劇場ご卒業の日でもあります。どうか素敵な思い出に残る1日になりますように!

 

紅ゆずるさん、

素化粧でインタビューを受けているときなどのお姿は、とても綺麗なお姉さまという印象なのですが、

舞台に立つと、なぜあんなにもバリバリカッコいいのか??

映像しか見れず、生の男役・紅ゆずるを見ること叶わず悔しい思いですが、

それでも映像の中でイキイキと輝くお姿が、とても好きです。

 

 

なぜ、ガラスのように透明感あるおキレイなお姉さまが、舞台に立つとカッコ良く見えるのか?

先日NHKBSで放送されていた「霧深きエルベのほとり」を見ながら考えふけっていました。

カールがとてもカッコ良かったので。

 

そして、私なりに答えを導いたのですが、

それはカッコ良く見せる男役道を深く研究されて極められたからなのでは?と思いました。

確かにそのままでも立ち姿がカッコいいのですが、それ以上に手の使い方、座り方、目線の使い方、仕草などなど、

カッコ良く見せる技術を本当に極めていらっしゃって、この点すごく今まで努力されたのだなぁと感じました。

男役に対して真摯な姿勢を感じますし、信念を持って宝塚の舞台に立ってきたのだなぁと感じます。

 

星組トップスターの柚希礼音さんもカッコ良いだけでなく、「男役道」を極められたというか、カッコ良く見せる技術が本当にすごいと感じたんですよね。指の先までカッコ良いんですもん!

 

星組スピリットというか、

この男役道を極める姿勢、カッコいいだけじゃなく努力を惜しまず、常に邁進する姿勢はプロ根性を感じますし、見ている方もより感動が増します。それでいて、紅さんは自らの個性も大事にされて、人情物においては(スカピンやアナザーワールドなど)役とマッチして、とても感動いたしました。

(北翔さんのトップ時代の作品はまだ見ていないので、コメントできませんが、きっと北翔さんも星組スピリットを大事にして、しっかり紅さんに繋いでくださったことが素敵だと感じます。)

 

この星組スピリットは確実に礼真琴さんに受け継がれていると思います。

周りも礼さんに大きな期待を寄せていますし、礼さんもしっかりそれに応えてくれるように思います。

 

どうぞ、まずは本日の大劇場千秋楽を素敵な1日にしていただき、

東京宝塚劇場での公演も成功のうちに終わることを祈って。

 

 

紅さん、ショーも素敵ですよね♪

 

ショーではキレッキレのダンス、綺咲さんとのデュエットは甘くいとおしく踊られるし、

キラキラオーラ爆発しているし、何より紅さんが一番楽しんでるようで、それにつられて楽しくなっちゃう!

キラールージュが一番好きです!本当に楽しい(*´ω`*)

 

きっとエクレルブリアンも素敵なキラキラショーなんだろうなぁ