☆虹色の宝箱☆~タカラヅカについての備忘録~

宝塚歌劇団(まだまだヅカ道初心者です)の作品をテレビやオンデマンド等で見た感想や、思いを備忘録として残すためのブログです。

マスカレード・ホテル見たい!

2020年の宝塚歌劇団カレンダーの掲載月について、いろんな憶測が飛んでいますね。

望海さんの進退が気になるし、そのことについて書かれているブログに一喜一憂しております。

とにかく1日1日を大切に。一作一作丁寧に。宝塚を楽しんでいきたいと思います。

 

さて、只今明日海りおさんの退団公演が盛大に盛り上がっていますが(LV会場が多くて嬉しい!行けるかも??)、今日は花組の次回作について。

 

気になるのが、

瀬戸かずやさんのマスカレード・ホテル!

絶対見たい!!

 

実は映画見ました!

ストーリー、とても面白かったです!

さすが、原作東野圭吾書いただけあるわ!

(原作は読んでいないです…時間あったら読もう!)

 

 

ただ、映画では主人公は何を演じても彼のキャラクターが全面に押し出されてしまう某大手事務所の方だったので、もっとダンディーで渋カッコ良いキャスティングでも良かったのに、と感じました。

わたし個人の意見ですが、主人公と配役が合っていない!と思ったんですよね。

(映画の彼は渋オジよりイケオジなんだから、ミステリー物よりも熱血物とかスクール物、大人の恋愛物などが似合うかと!)

 

 

 

そしたら、宝塚歌劇団で公演される!しかも、主役は瀬戸かずやさん!

絶対、合う!と思いました!!

だって瀬戸さんカッコいいもん!そしてスーツが劇的に似合う!!刑事役が似合う!

 

 

主人公はある連続殺人事件を追う刑事役。

前回の殺人事件のヒントから、次の事件はホテルで起きることがわかり、ホテルマンとして潜入捜査するのですが、そのホテルの従業員(長澤まさみさんもホテルの従業員役でした)たちとの摩擦や、犯人に翻弄されるなどして、事件が錯綜する…というような内容(ざっくりすぎる(笑))

 

 

花組刑事物と言えば、「相棒」が印象的で(宝塚で相棒って想像できなーいって思いました)、あの水谷さんをどう演じる?と思いましたが、あのギラギラカッコいい真飛様が押さえた演技で見事演じてくださって、作品ファンの気持ちを裏切らない作品作りで、素晴らしかった!

るろ剣ルパン三世も作品世界が好きな分、どんな舞台なんだろう?と思いましたが、わたしとしては作品世界を壊さずに宝塚歌劇の作品として生まれ変わっている感じがとても嬉しく、宝塚歌劇のクオリティの高さを感じました。

 

なので、今回も楽しみです!

チケットは手元に無いのでいつものように映像で見る機会を楽しみにしています!

 

 

☆☆☆

 

今日から三連休。

私は家族でディズニーランドです♪

激混みが予想されるし、天気は下り坂ですが、楽しい思い出を作ってきます!

 

テンションを上げようと思い、そういえば先日のFNSうたの夏祭りでディズニーメドレーやっていたな!と思い、録画を見ているのですが、やっぱり雪組の出ているところをリピートしてしまうという。

 

ディズニー脳にシフトしたいのに、なかなか宝塚脳から抜け出せずにいます(*´ω`*)