☆虹色の宝箱☆~タカラヅカについての備忘録~

宝塚歌劇団(まだまだヅカ道初心者です)の作品をテレビやオンデマンド等で見た感想や、思いを備忘録として残すためのブログです。

たまには脱線。ミュージカルが好きって、いろんなジャンルがありますね。

こんにちは。

今日はちょっと脱線。

 

望海さんのコンサート、井上芳雄とラミン・カリムルーとの共演、ってすごいなぁと思いながら、お二人の舞台って映像でも拝見したこと無いんです。(ということで、もちろん生の舞台は見たことない。)

 

ミュージカルといえば宝塚歌劇が90%かな。やっぱり自分のツボにハマっているので、歌・演技・ダンスで夢の世界に連れていってくれる宝塚歌劇を見ることがダントツ多いです。(まだリアル観劇に至っていないけれど…)

 

あとの10%は

子どもがいるのでアンパンマンミュージカルが来てくれた時には見に行ったり、

BSプレミアムでたまにやっている舞台作品を見たり。

あとは、ミュージカル映画はよく見ます。

最近だと「レ・ミゼラブル」。

「ウエストサイドストーリー」や「サウンドオブミュージック」、「アニー」、「オペラ座の怪人」など。

今やっている「キャッツ」も時間があれば映画館に足を運びたい。

 

でも、やっぱりほとんどミュージカルというと宝塚歌劇を見たくて見てしまう。

 

 

 

宝塚を知ってから帝劇でもエリザベートを上演していることを知ったり、メディアへの露出の多い山崎育三郎さんや新妻聖子さんはミュージカルの舞台で活躍されているということも知りました。

井上芳雄さんのこともミュージカル界のプリンスと聞いたことがあり、出演される作品を見てみたいなぁと思っていました。

 

今後はそうしたいろんな作品にも目を向けて視野を広げたいなぁと思いつつ、宝塚歌劇の作品を見るので精一杯な日々(^-^;

 

 

義理のお母さんに宝塚に最近ハマっていると話すと、お母さんは劇団四季が好きだったり、

ママさんとお話してるときにミュージカル良いですよねという流れになり、2.5次元ミュージカルを勧められたり。

 

 

 

ミュージカルと一口に言っても、本当にいろんなジャンルがあるなぁと最近とても思います。

ミュージカルという世界、とても興味深いです!

 

 

ということで、まとまりのない独り言のようなものですが、最近感じたことをつらつらと書いてしまいました。